研課題
J-GLOBAL ID:200904024500595316  研究課題コード:0550030367 更新日:2005年11月08日

有機ハロゲン化合物の環境動態に関する基礎的研究

Fundamental Study on Environmental Behaviors of Halogenated Organic Compounds
実施期間:2005 - 2007
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (3件):
研究概要:
工業的に生産される有機フッ素化合物や有機臭素化合物は、身近な生活用品に幅広く利用されているが、今ではそれらの環境残留性や生体内濃縮による影響が懸念されている。しかしながら、埼玉県内では、これらの化学物質の環境中濃度がほとんど把握されていない。そこで、フッ素樹脂の原料であるパーフルオロオクタン酸(PFOA)、撥水剤や界面活性剤などに利用されているパーフルオロオクタンスルホン酸(PFOS)、難燃加工剤として使用されているポリブロモジフェニルエーテル(PBDE)などをとりあげ、環境濃度レベルの把握及び環境中の挙動について調査する。
キーワード (2件):
有機フッ素化合物 ,  有機臭素化合物
研究制度: -

前のページに戻る