研課題
J-GLOBAL ID:200904024641723881  研究課題コード:0450023647 更新日:2004年11月01日

トルコギキョウの種子冷水浸漬処理による超低コストロゼット防止技術の開発

実施期間:2004 - 2006
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (2件):
研究概要:
秋冬季出荷ではロゼット化を防止するために,冷房育苗や補光・冷蔵処理する必要があるが,大型の施設内で処理することから育苗コストが高い。市場価格の低下や輸入の急増により経営環境が厳しくなっていることから,生産費を大幅に低下させる技術開発が必要である。そこで,最近開発された「吸水種子低温処理」による抽台促進技術を活用し,種子の冷水浸漬処理によるロゼット化防止技術を開発するとともに,微小な種子の播種技術を開発し,低温処理から播種・育苗までの一貫したロゼット化防止技術,並びに育苗期間短縮技術を確立する。
キーワード (1件):
花き,植物成長・生理
研究制度: -

前のページに戻る