研課題
J-GLOBAL ID:200904026094109475  研究課題コード:9800009707 更新日:2005年04月01日

沸騰二相流の自然循環過渡特性

Transient behavior of natural circulation for boiling two-phase flow
実施期間:1988 - 2004
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
次世代軽水炉の1つとして提唱されている自然循環沸騰水型炉の成立性に大きな影響を与える起動時の自然循環の発達過程における流動の安定性について,正常な起動条件及び制御棒操作ミスを模擬し,実験的に解明すると同時に,緩やかな過渡二相流の数値解法を開発している。更に強制循環型について全ポンプトリップ事故後に速やかに自然循環流量を確保する手段としてフローダイオードの概念を提唱し,要求される特性について調べている
キーワード (9件):
BWR型原子炉 ,  自然循環 ,  原子炉冷却系 ,  燃料棒 ,  ヒューマンエラー ,  原子炉シミュレータ ,  対流不安定 ,  予防保全 ,  始動
プロジェクト実施機関 (1件):
  • (0192004000)
研究制度: 経常研究

前のページに戻る