研課題
J-GLOBAL ID:200904026174225190  研究課題コード:9800030477 更新日:2003年05月14日

スメクタイト及び類似の無機層状化合物の新有機化とその応用 (相手先:昭和電工(株)川崎樹脂研究所)

Preparing new organic substances from inorganic laminar compounds of smetic and its analogical substances and its application
実施期間:1994 - 1994
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
粘土鉱物を高分子材料に微細化して分散させると耐熱性、耐衝撃性に優れた複合材料が得られる。最近、新規な工業手法では高分子を形成するモノマーを無機層状化合物中にインターカレーションして重合のエネルギーで自己崩壊させナノメータレベルで微細化分散を行っている。本研究では、このようなモノマーのインターカレーションを経由せず、無機層状ホストを無限膨潤化し、高分子材料に分散させることでナノコンポジットを得る。これによって、今まで限られた高分子材料にしか適用されなかった領域を広げ、高分子複合材料を用いた工業部品での高性能化への展開を図ることを目的とする。具体的には無限膨潤化しやすい無機層状化合物の探索を行い、それを用いて無限膨純のメカニズムを明らかにし、優れたコンポジットへの実用化に役立てる研究を行う
キーワード (7件):
粘土鉱物 ,  プラスチック ,  複合材料 ,  モンモリロナイト ,  層状化合物 ,  分散混合 ,  高分子
研究制度: 官民特定共同研究
研究所管省庁:
文部科学省
研究予算: 1994年度: 190(千円)

前のページに戻る