研課題
J-GLOBAL ID:200904026876963203  研究課題コード:9800046509 更新日:1998年06月01日

ハイビジョンの普及促進のための研究 ハイビジョン放送画質向上の研究

Study on highvision Study on improvement of highvision broadcasting image quality
実施期間:1995 - 1997
研究概要:
1)ソースSN比改善:ハイビジョン放送番組の中にはソースのSN比が不十分なものもあり,放送画質低下の一要因となっている。そこで,ソースノイズリデューサーを,ハード化するために,回路方式の改良検討を行い,ハイビジョン用画質ソースSN比改善装置を試作した。2)大画面適応画質補償法:ハイビジョンでも大画面で視聴する場合には,通常の画面サイズでは目につかない画質劣化が目立ちやすくなる。そこで8年度はハイビジョンMUSEの放送受信画像を大画面表示する場合に生じる画質劣化を低減する折り返し除去フィルターを開発した。3)ハイビジョン普及促進:平成9年11月に予定されている,本放送への移行をふまえて,ハイビジョン放送事業を円滑に進めるために,「ハイビジョンMUSE技術普及推進のための技術者育成」を実施した
キーワード (6件):
高品位テレビジョン ,  画質 ,  SN比 ,  テレビジョン放送 ,  放送番組 ,  通信回路
研究制度: 経常研究
研究予算: 1997年度: 0(千円)

前のページに戻る