研課題
J-GLOBAL ID:200904027436334260  研究課題コード:0350014513 更新日:2005年02月01日

ボツリヌスA~F型神経毒素を用いたジストニア等の治療法の確立

-
実施期間:2001 - 2003
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
ジストニアの治療に用いるボツリヌス神経毒素の簡易・迅速かつ微量検出法を確立するため、ボツリヌスA、B、E型毒素H鎖のリコンビナント蛋白を精製し、家兎に注射して抗体を作製した。各抗体については、アフィニティーカラムクロマトにより特異性を高めた。各型抗体を用いてイムノクロマトシステムを作製し、本システムは検出感度と特異性に優れていることを確認した。
プロジェクト実施機関 (1件):
  • (E001000000)

前のページに戻る