研課題
J-GLOBAL ID:200904027771953861  研究課題コード:9800006198 更新日:2006年03月15日

生体由来物質の化学変換と高次機能化の研究

Chemical conversion and high-order functionalization of ionophore antibiotics and saccharoses
実施期間:1989 - 1992
研究概要:
天然イオノホアや糖類を化学変換することにより分子認識や生理活性などに優れた機能の発現が期待される。今年度は、天然イオノホアにキラルな基を導入した新規な天然イオノホア誘導体の研究として、新たにモネンシン、ラサロシドなどのキラルエステル誘導体を合成し、錯形成反応を行い不斉識別能などホスト分子としての機能を検討する。糖の反応では、チオグリコシドを糖供与体とするグリコシル化反応を行い、立体選択的なオリゴ糖合成を検討する。脂質成分の研究では、3-ケト脂肪酸から3-ヒドロキシカルボン酸への立体選択的電解合成を検討する
キーワード (7件):
生体物質類似体 ,  化学合成 ,  イオノホア ,  炭水化物 ,  グリコシル化 ,  立体特異性 ,  機能材料
研究制度: 経常研究
研究所管省庁:
経済産業省
研究予算: 1992年度: 2,275(千円)

前のページに戻る