研課題
J-GLOBAL ID:200904027946383648  研究課題コード:0250005205 更新日:2003年12月15日

ナシのハウス栽培技術の確立

Establishment of green house cultivation technique for pear
実施期間:2000 - 2002
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
ナシのハウス栽培では,果形が乱れ変形果の発生が多くなる場合がある。そこで,ハウス内の温度と着果番花と変形果との関係を調査した。温度との関係では,開花始~満開後30日間の高温そうぐう時間が長いことや夜温で低く,日温度較差が大きいことで,変形果の発生が多くなることが解った。また,着果番花との関係はなかった。今後は,温度帯の違いによる変形果との関係について,検討を行う予定。
キーワード (3件):
ハウスナシ ,  果形向上 ,  温度
研究制度: 経常研究

前のページに戻る