研課題
J-GLOBAL ID:200904028072395310  研究課題コード:9800011779 更新日:2001年03月21日

検反作業の自動化技術に関する研究 -織物表面凹凸の画像検査技術-

Study on automation technique of textile inspection work Textile inspection technique for surface roughness using image processing
実施期間:1991 - 1994
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (2件):
研究概要:
目的:毛織物検反検査反作業を省力化・自動化自動化するための基礎技術の確立を図るため,織物の表面凹凸変化をコンピュータ画像処理技術を用いて解析し、欠陥検査手法を研究する。 実施計画:1)表面凹凸量の計測技術の検討, 2)織物表面凹凸量の画像計測手法の検討, 3)織物表面凹凸欠陥検出手法の確立
キーワード (11件):
検反 ,  コンピュータグラフィックス ,  糸染め ,  織物構造 ,  製品検査 ,  欠陥検査 ,  パターン認識 ,  特徴抽出 ,  柄出 ,  毛織物 ,  表面粗さ
研究制度: 経常研究

前のページに戻る