研課題
J-GLOBAL ID:200904028165166494  研究課題コード:0150003121 更新日:2003年12月15日

放電加工面の高品質・高精度化に関する研究 微細形状部への放電表面処理の適用

Study on the improvement in quality and preciseness of spark-eroded surfaces: Application of spark erosion processing to microscopically shaped portions
実施期間:2000 - 2002
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (2件):
研究概要:
形彫り放電加工は,金型等の高精度で複雑形状の加工にとって有効な手段になっている。しかし,放電加工法は液中のアーク現象による熱的溶融除去作用を利用することから,加工面には,放電時に形成される変質層や加工欠陥の発生が避けられない。特に,微細仕上げ加工では,この変質層の存在が加工精度に大きな影響を及ぼすことが多い。近年の放電加工面の改質は,各種の金属粉末や改質用電極の使用による,加工面あらさの向上や仕上げ無し加工面を創製する技術が研究されてきている。しかし,現在でもそのメカニズムや改善手法はあまり明確にされていない。なお,放電加工過程において改質層の形成が同時に達成されると,金型表面の磨き工程の短縮等が可能となり,金型関連企業にとって大きな利点となる。そこで本研究では,これまでの放電加工技術を応用し,微細加工面に与える粉末添加元素の影響や表面あらさの改善を目的として,添加物成分と加工条件との関係や表面状態の解析から,微細仕上げ放電加工面への高品質化を試みる。
研究制度: 経常研究

前のページに戻る