研課題
J-GLOBAL ID:200904029141603598  研究課題コード:9800010917 更新日:2003年12月15日

心不全における交感神経緊張にアンジオテンシンが如何に関与するかについての研究

Role of central renin-angiotensin system for the regulation of the sympathetic nerve activity in congestive heart failure
実施期間:1991 - 1992
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (2件):
研究概要:
心不全では過度の交感神経緊張状態にあるがその機序は不明である。一方心不全ではレニン-アンジオテンシン系が活性化されている。中枢に投与したアンジオテンシンは交感神経緊張をきたす。そこで心不全における交感神経高進が脳のレニン-アンジオテンシン系の高進によるか否かを調べる
キーワード (6件):
心臓病 ,  交感神経 ,  アンギオテンシン ,  レニン ,  中枢神経系 ,  脳
研究制度: 経常研究
研究予算: 1992年度: 2,000(千円)

前のページに戻る