研課題
J-GLOBAL ID:200904029580181519  研究課題コード:9800023486 更新日:1995年03月09日

果実における酸化・還元成分の微量迅速測定法の確立とそれらの成分の機能特性の解明

Establishment of rapid microanalysis for oxidized and reduced components in fruits and elucidation of functional characteristics of the components
実施期間:1993 - 1993
研究概要:
果実には、酸化・還元反応に関係する多くの成分が含まれている。これらの成分は果実の品質を左右する成分であると同時に抗酸化性などの作用を持つことから食品機能としての価値が高い。そこで、これら成分の測定法を確立するとともに、従来、他の成分と混在していた酸化・還元成分を分別定量して、果実内の褐変などにおける役割及び食味との関連性や抗酸化性等の機能性を明らかにする
キーワード (7件):
果物 ,  食品成分 ,  酸化防止 ,  微量成分 ,  計測 ,  味 ,  食品分析
研究制度: 科学技術振興調整費による重点基礎研究
研究所管省庁:
農林水産省
研究予算: 1993年度: 8,503(千円)

前のページに戻る