研課題
J-GLOBAL ID:200904029772266607  研究課題コード:9800035215 更新日:2003年02月27日

硝酸性窒素による地下水汚染について

Pollution of ground water by nitrate nitrogen
実施期間:1995 - 1996
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
東京都環境保全局は都内の湧水30カ所について,調査し,水質分析を行ったところ,9カ所で全窒素が10mg/lを超えていた。アンモニア性窒素,亜硝酸性窒素濃度は希少であり,全窒素はほとんど硝酸性窒素である。湧水は浅層地下水に由来するため,降水が土壌を浸透していく時の影響を受けやすい。硝酸性窒素による汚染原因は,人間の農業生産活動と生活排水の浸透が挙げられ,湧水,地下水の水質の保持には様々な面からの対策が必要である。40カ所で,雨水,地下水,河川水を採取し,環境中の硝酸性窒素の実態を調査した。また,青梅市の扇状地をモデル地区として汚染のメカニズムの検討を行った
キーワード (4件):
地下水汚濁 ,  汚染監視 ,  水質調査 ,  硝酸態窒素
研究制度: 経常研究
研究予算: 1996年度: 0(千円)

前のページに戻る