研課題
J-GLOBAL ID:200904030159701870  研究課題コード:6000001457 更新日:2007年12月06日

ドライアイスブラストによるトラフィックペイントの剥離技術の開発

Development of the Exfoliation Method of Traffic Paint with Dry-Ice Blast
実施期間:2005 - 2005
研究分野 (2件): 熱工学 ,  土木環境システム
研究概要:
塗装の剥離は、近年大きな課題となってきている。通常、剥離は工具で削り取る作業である。 しかし、この方法では、廃棄物が素地や工具との混合物となり、かつ廃棄物の量が多くなると いう問題がある。そこで、半導体製造装置の洗浄等に使用されている、ドライアイスブラスト を工具として用いて、塗料の剥離技術の開発が可能か検討を行うこととした。ドライアイスを 工具として使うと、昇華してしまうため、廃棄物として残らない。硬度も一般的な工具ほど高 くないため、対象物を痛めない。また、昇華現象が剥離を助ける働きをするなどのメリットが ある。検討の結果、さらに剥離能力を高めるポイントをいくつか明確にすることが出来た。
キーワード (3件):
塗装 ,  剥離 ,  ドライアイスブラスト
プロジェクト代表研究者 (1件):
  • 飯村 崇
研究制度: -

前のページに戻る