研課題
J-GLOBAL ID:200904030551621362  研究課題コード:9800023453 更新日:1995年03月08日

深海生物を用いた物質の循環機構と地殻活動との関連に関する研究

Study on relation of mass circulation mechanism and crustal activity using deep sea organisms
実施期間:1993 - 1993
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
当該年度は、潜水調査船「しんかい2000」を利用して、相模湾初島南東沖のシロウリガイ群生地に潜航し、シロウリガイと底層海水を採取するとともにガンマ線探査を実施する。採取したシロウリガイ貝殻については放射性炭素14濃度と炭素の安定同位体比を測定する。底層海水については溶存成分の分析を行う。これらのデータとガンマ線探査結果から、今後の伊豆半島東方沖群発地震活動を推定する
キーワード (10件):
伊豆半島 ,  群発地震 ,  地震予知 ,  炭素14 ,  炭素12 ,  炭素13 ,  底層 ,  海水 ,  溶存成分 ,  地震探査
研究制度: 科学技術振興調整費による重点基礎研究
研究所管省庁:
文部科学省
研究所管機関:
国立研究開発法人防災科学技術研究所
研究予算: 1993年度: 3,213(千円)

前のページに戻る