研課題
J-GLOBAL ID:200904030966316727  研究課題コード:0250000209 更新日:2003年02月07日

グラジオラスのウイルス抵抗性品種の育成

Breeding of virus resistant cultivars of gladiolus
実施期間:1992 - 2001
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (2件):
研究概要:
インゲンマメ黄斑モザイクウイルス(BYMV)の外被タンパク質遺伝子を導入した形質転換系統を獲得した。獲得した形質転換体についてウイルス接種試験を行い発病を経時的に調査したところ,接種後2年を経るとほとんどの系統で発病がみられることが示された。その中でTBH436など3系統は無病徴に留まり,抵抗性の増強が認められた。また,形質転換体の特性調査を行ったところ形態特性,花粉生存率等には非形質転換体との間で差異は認められなかった。
キーワード (5件):
グラジオラス ,  ウイルス ,  抵抗性 ,  育種 ,  形質転換
研究制度: 経常研究

前のページに戻る