研課題
J-GLOBAL ID:200904031242215720  研究課題コード:9800012980 更新日:2003年05月14日

腐食環境下の疲労き裂発生過程に関する研究

Study on cracking process due to the fatigue under corrosion circumstances
実施期間:1991 - 1993
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
すべり変形様式を制御した材料を用いて、き裂にいたるまでの歪分布の特徴・き裂の発生過程を調べることにより腐食疲労き裂発生寿命の劣化の要因を明らかにし、これにより寿命改善のための最適な組織制御法を確立する
キーワード (10件):
疲れ亀裂 ,  亀裂伝搬 ,  歪分布 ,  疲れ寿命 ,  破壊伝搬速度 ,  腐食疲れ ,  環境インパクト ,  塑性変形 ,  滑り帯 ,  変形組織
研究制度: 経常研究
研究所管省庁:
文部科学省
研究予算: 1993年度: 300(千円)

前のページに戻る