研課題
J-GLOBAL ID:200904031700175393  研究課題コード:9800030789 更新日:1997年01月24日

がん細胞の浸潤・転移機構解明のための基盤技術に関する研究 1.がん細胞の浸潤阻止技術の研究 (2)浸潤制御機構の研究(第II期)

Study on basic technique for elucidation of cancer cell metastasis and invasion Study on invasion control mechanism (phase II)
実施期間:1993 - 1995
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
1) 研究目標 がん細胞の浸潤・転移及び二次腫瘍形成の機構を解明するための基盤技術の 開発を目標に、ア.がん細胞の浸潤機構の解析技術の研究 イ.がん細胞の転移機構の解析 技術の研究 ウ.二次腫瘍の形成機構の解析技術の研究 を行うとともに、それらの過程を効果的 に制御(抑制)するための基礎的知見と基盤技術の創出を図る。また、この目的をより効果的に 達成するため、遺伝子の制御面からの研究を行う。 2) 研究計画 がん細胞及び周辺細胞の 生産する酵素による組織の基底膜分解機構及び原発腫瘍巣から離脱したがん細胞の周辺組織 中における運動機構を解析・制御するための手法に関する研究を行う。 原発腫瘍巣から離脱し リンパ管又は血管内に侵入したがん細胞の血管内皮細胞への接着機構と血管からの脱出機構 及びがん細胞の転移における組織親和性の発現機構を対象にそれらの解析・制御技術に関する 研究を行う。・毛細血管から脱出したがん細胞が周辺環境との相互作用を通して増殖環境を調整 する機構及び二次腫瘍の形成に必要な栄養分の吸収、老廃物の廃棄のための血管新生機構を 対象にそれらの解析・制御技術に関する研究を行うとともに、二次腫瘍の形成機構の解析に必要な 実験系の開発を行う。 浸潤・転移能に関連する遺伝子を探索しその機能を解析し、がん浸潤・転移 を制御する技術の開発を行う
キーワード (3件):
腫よう細胞 ,  腫よう浸潤 ,  制御
研究制度: 科学技術振興調整費による総合研究
研究所管省庁:
文部科学省
研究予算: 1995年度: 29,207(千円)

前のページに戻る