研課題
J-GLOBAL ID:200904032571987153  研究課題コード:0150002408 更新日:2001年03月16日

舗装マネージメントシステムに関する試験調査

Examination and investigation regarding pavement management system
実施期間:1997 - 2000
研究概要:
舗装の効率的な維持管理のためには、舗装の状況を総合的に評価し、合理的な補修計画支援を策定する必要がある。これを支援するのが舗装マネージメントシステム(以下、PMS)である。本課題は、従来の道路管理者の立場で構築されたPMSに、道路利用者、沿道の評価を付加するものであり、そのために路面性状と各種影響要因の関係を明らかにし、道路利用者および沿道に係る費用の定量化を目指している。11年度は、騒音に係る費用の定量化を目的に調査を実施した。その結果、1dB(A)当たりの騒音低減費用は遮音壁による効果を用いた場合は8,200円/dB(A)、ペアガラス・二重窓を用いた場合は、1,400円/m2/dB(A)であった。
研究制度: 経常研究
研究所管省庁:
国土交通省
研究所管機関:
国立研究開発法人土木研究所

前のページに戻る