研課題
J-GLOBAL ID:200904032732532771  研究課題コード:9800034831 更新日:2003年11月21日

1) アポトーシス制御因子の分子機構,2) ミトコンドリア病の分子病態学,3) ミトコンドリアタンパク質の発現制御機構

1) Molecular mechanism for regulation of apoptosis 2) Molecular pathology on mitochondrial diseases 3) Regulation of gene expression of mitochondrial proteins
実施期間:1995 - 2003
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (2件):
研究概要:
アポトーシスを制御しているbcl-2ファミリーに注目し,各メンバーの機能特異性を生化学的および分子生物学的手法を用いて解析している。さらに各種培養細胞を用いて,各メンバーの生理的役割を調べ,アポトーシスの機序の解明を行っている。ヒトミトコンドリア病患者および関連患者より分離されたミトコンドリアが導入された培養細胞を分子生物学的手法を用いて解析し,ミトコンドリア異常に伴う遺伝子情報発現,シグナル伝達機構,代謝などの変化を解明している
キーワード (8件):
ミトコンドリア ,  ヒト ,  培養細胞 ,  細胞情報伝達 ,  遺伝情報 ,  分子生物学 ,  蛋白質 ,  遺伝子発現
研究制度: 経常研究
研究予算: 2003年度: 20,000(千円)

前のページに戻る