研課題
J-GLOBAL ID:200904032888705846  研究課題コード:0550028555 更新日:2005年03月23日

金星探査機搭載用近赤外カメラIR2の基礎開発

実施期間:0 - 0
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (6件):
研究概要:
IR2カメラは赤外線領域での熱雑音低減のために,スターリング冷凍機により検出器が65K以下,光学系が170K以下にまで冷却される.このときの部材の収縮を考慮し光学系のアライメントを確保する必要がある.一方,機械式冷却を行うことから,打ち上げ時は常温で振動に耐えなければならない.この二つの条件をクリアする「極低温光学系保持機構」の研究・試作を行った.常温→冷却(1)→常温で振動→冷却(2)というサイクルを与え,冷却(1)(2)での光学系アライメント変動を測定した.これまでのところ,許容値を若干上回る変動成分も一部にあるものの,おおむね良好な結果を得ている.今後の改良を加えて,十分に性能と安全性を発揮する光学系保持機構に対する目処が立った.
プロジェクト実施機関 (1件):
  • (A089001000)

前のページに戻る