研課題
J-GLOBAL ID:200904032890752606  研究課題コード:1222 更新日:2013年10月07日

高温空気燃焼技術を用いた廃棄物・石炭高効率発電

実施期間:1997 - 2002
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
石炭や廃棄物、バイオマスなどの、環境負荷の高いあらゆる固体燃料に適用可能な、高効率、低環境負荷かつ低コストの小型ガス化発電システムの開発に成功した。本システムでは、酸素を使用せずに高い発熱量の燃料ガスを得るために、1000°C程度に予熱された高温空気あるいは高温水蒸気で固体燃料をガス化し、生成ガス中の環境汚染物質(塩素、硫黄、煤塵、重金属等)を除去した後に、生成ガスを高温空気燃焼低NOxボイラでの蒸気発生やエンジン発電機での発電に利用する。
研究制度: 戦略的創造研究推進事業(チーム型研究)
研究所管省庁:
文部科学省
研究所管機関:
独立行政法人科学技術振興機構
研究予算: 0(千円)
報告書等 (6件):
もっと見る
上位研究課題 (1件):

前のページに戻る