研課題
J-GLOBAL ID:200904032938240327  研究課題コード:9800041542 更新日:2004年03月31日

バイカル湖の湖底泥を用いる長期環境変動の解析に関する国際共同研究 6.バイカルデータベースに関する研究

International joint study on analysis of long term environmental variation using lacustrine mud in Lake Baikal 6) Study on Baikal database
実施期間:1995 - 1997
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
1) 研究目標 バイカル湖の湖底から柱状試料を採取し、過去5〜800万年までの正確な 堆積年代決定を行うとともに、地球物理学・地球化学・古陸水学的環境変動の解析を行って、 古環境・古生物相変動を再現し、長期地球環境変動モデルの基本構造構築に資する。 2) 研究計画 (6)バイカルデータベースに関する研究 バイカル湖に関する諸情報 を基本とするデータベース及びコアサンプル情報データベースを作成し,新情報の解析 を容易にするとともに,データの共同利用を推進するための手法の研究を行う。
キーワード (7件):
ロシア ,  湖沼堆積物 ,  地球環境 ,  変動 ,  試錐調査 ,  試料採取 ,  データベース
研究制度: 科学技術振興調整費による総合研究
研究所管省庁:
文部科学省
研究予算: 1997年度: 9,381(千円)

前のページに戻る