研課題
J-GLOBAL ID:200904033030204055  研究課題コード:0250003341 更新日:2001年12月07日

デリバリー技術を利用した牛乳房炎起因細菌に対する次世代ワクチンの開発

Development of next-generation vaccine against the germs causing the mastitis of cows using delivery technology
実施期間:2001 - 2005
研究概要:
乳房炎起因菌である黄色ブドウ球菌(S.aureus)のきょう膜と毒素抗原,そしてデリバリー技術を組み合わせ,乳汁中抗体価を効率的に高めるワクチンの開発を行う。
研究制度: 受託研究

前のページに戻る