研課題
J-GLOBAL ID:200904033082645335  研究課題コード:0650033324 更新日:2005年10月28日

リアルタイムPCR法による食中毒菌検出方法の検討

実施期間:2005 - 2006
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
食品中の食中毒菌を分離培養することなしに、リアルタイムPCR法(遺伝子分析)により直接的に検出し、菌数も測定する方法について検討します。食中毒の原因となることが多い腸炎ビブリオ、カンピロバクターに関して実施し、食中毒の原因調査への応用、発生防止対策に役立てます。
キーワード (5件):
PCR ,  食中毒菌 ,  分離培養 ,  腸炎ビブリオ ,  カンピロバクター
研究制度: -

前のページに戻る