研課題
J-GLOBAL ID:200904034202471235  研究課題コード:0350014902 更新日:2003年12月15日

光切断法による細管内面の損傷計測(第3報)

Damage measurement on inside of thin tube using light section method
実施期間:2001 - 2001
研究概要:
周囲に障害物のある細管内面の損傷を非破壊で正確に計測することは困難であるため、計測手法はほとんど存在しない。そこで、レーザ光切断法を用いた細管内面の損傷に対する非破壊計測手法を提案し、システム構築、計測精度の検証を行ってきた。本報では、構築したシステムより得られる光切断画像を基に、円周上と管の軸方向の損傷寸法ならびにその位置を計測するプログラムを開発してその評価を行った。側面に穴をあけた管に対する計測を実施し、円周上の計測誤差が0.2mmと良好な結果を得た。これにより、本プログラムを用いることで損傷の計測が可能であることが示された。
キーワード (5件):
非破壊計測 ,  光切断 ,  管内面損傷 ,  サークルライン・レーザ ,  画像処理
研究制度: -

前のページに戻る