研課題
J-GLOBAL ID:200904034393763214  研究課題コード:0250007991 更新日:2004年12月10日

歯科用X線CT

Computed tomography for Dental use
実施期間:1992 - 2004
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
歯科医療に最適化した小型X線CTの開発を1992年に開始し、1997年に試作機を完成させた。この技術はモリタ製作所(京都)に技術移転をして、世界ではじめて、歯科用の小型X線CTの実用化に成功した。2004年現在、全世界で約70台が稼動している。撮影範囲は高さ30mm直径40mmの円柱形の範囲に限定することで、0.25mmの高い解像力と、非常に低い被曝での検査を実現した。 2004年には実験動物用マイクロCTの開発に成功した。この装置は解像力が10umで撮影時間が17秒と短く、512x512x834画素の体積データを得ることができる。
キーワード (1件):
歯科 放射線 CT マイクロCT
研究制度: -

前のページに戻る