研課題
J-GLOBAL ID:200904034942416610  研究課題コード:0550031812 更新日:2005年11月07日

日本海側のアユの生態特性の解明

-
実施期間:2005 - 2007
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
日本海側では遡上量の年変動が地域間で同調し、海域における生態特性や主な減耗要因が共通している可能性が高い。これを検証するために、複数の県にまたがる水域を選定して遡上尾数、仔魚の降下尾数、沿岸域・砕波帯における分布密度と成長、水温などの環境条件が各水域間・年度間で連動するか否かを検証するとともに主要な減耗要因を検索する。
キーワード (4件):
日本海側 ,  遡上量 ,  生態特性 ,  減耗要因
プロジェクト名: 沿岸域におけるアユの生態特性の解明及び遡上量予測技術の開発
プロジェクト実施機関 (1件):
  • (独)水産総合研究センター(E215000000)
プロジェクト代表研究者 (1件):
  • 内田和男(研究総括)
研究制度: -
研究所管省庁:
農林水産省

前のページに戻る