研課題
J-GLOBAL ID:200904035398657109  研究課題コード:1564 更新日:2013年10月07日

病原細菌の粘膜感染と宿主免疫反応抑制機構の解明とその応用

実施期間:2003 - 2008
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
赤痢菌を初めとする粘膜病原細菌が引き起こす下痢疾患により、開発途上国では毎年多くの人命が失われています。粘膜病原細菌の感染は、菌の分泌性機能タンパク質(エフェクター)と宿主因子の相互作用により進行します。近年、我々はエフェクターの一部が感染に対して誘導される免疫反応を一時的に抑制することを見出しました。本研究では、赤痢菌が分泌する一群のエフェクターに注目し、それらの感染成立に至る役割を分子レベルで明らかにし、安全な赤痢ワクチン等、新しい治療・制御法の確立を目指します。
研究制度: 戦略的創造研究推進事業(チーム型研究)
研究所管省庁:
文部科学省
研究所管機関:
独立行政法人科学技術振興機構
研究予算: 0(千円)
報告書等 (2件):
上位研究課題 (1件):

前のページに戻る