研課題
J-GLOBAL ID:200904036008618392  研究課題コード:0350010917 更新日:2005年01月25日

コンクリートひび割れ部の中性化に及ぼすコーティング材の抑制効果

Prevention effect of coatings to carbonation of cracked concrete
実施期間:2001 - 2008
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (2件):
研究概要:
鉄筋コンクリート構造物はひび割れが生じやすく,耐久性上問題のあるところである。防水材料や塗装材料等のコーティング材料は伸び能力があり,コンクリートのひび割れ部分を覆うため,中性化抑制効果が期待されている。この効果を定量的に明らかにし,耐久性向上に役立たせようとするものである。
キーワード (5件):
コンクリート ,  中性化 ,  ひび割れ部 ,  抑制効果 ,  コーティング材
プロジェクト実施機関 (1件):
  • (0192006000)
研究制度: 経常研究
研究予算: 2004年度: 300(千円)

前のページに戻る