研課題
J-GLOBAL ID:200904036447920186  研究課題コード:9800046238 更新日:2000年02月29日

大区画湛水直播による低コスト稲作技術の確立 農業キーテクノロジー等確立試験

Establishment of low cost rice production system by direct sowing in large-scale paddy fields Key technology development in agriculture
実施期間:1997 - 1999
研究概要:
生産性が高く,体質の強い岩手県稲作生産体制を構築するためには,技術革新の鍵となる技術(農業キーテクノロジー)の早期確立と普及・定着が必要である。このような中で,直播栽培については,大幅な生産費の削減と経営の規模拡大に結びつく技術として各地で取り組まれているが,収量が不安定,作業体系が未確立であること等により一般的には普及されていない。このため,地域農業改良普及センター等と密接な連携の下で直播栽培の実証を行い,地域の条件に適した直播栽培技術確立の可能性を探り,圃場均平化技術等の大区画圃場対応技術を組み合わせることにより,直播栽培技術をキーテクノロジーとした,新たな稲作農業の確立・普及を目的とする
キーワード (6件):
大規模 ,  湛水 ,  直播栽培 ,  水稲 ,  生産技術 ,  原価低減
研究制度: 経常研究

前のページに戻る