研課題
J-GLOBAL ID:200904036835191072  研究課題コード:0150002490 更新日:2001年03月16日

コンクリート材料・構造物の品質検査技術の開発

Development of quality inspection technique for concrete materials and fabrics
実施期間:1997 - 2000
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (5件):
研究概要:
竣工時にコンクリート構造物の耐久性を評価するためには、用いられたコンクリートの水セメント比や養生条件の良否等を把握できる試験方法が必要と考えられる。そこで、10年度まで室内試験で検討してきたフレッシュコンクリートの単位水量推定方法を現場で適用し、合理的な品質管理法を提案した。また、硬化後の構造物のコンクリート品質を、電気抵抗測定によって評価する方法について基礎的検討を行った。一方、舗装などの部材については、コンクリート部材の厚さを確保することが耐荷力・耐久性を確保する上で重要になることから、超音波等を用いた非破壊でのコンクリート部材厚さ測定についても検討を行った。
研究制度: 経常研究
研究所管省庁:
国土交通省
研究所管機関:
国立研究開発法人土木研究所

前のページに戻る