研課題
J-GLOBAL ID:200904036856254422  研究課題コード:9800027664 更新日:2001年01月31日

吾妻肉牛分場からフィールドに供給された胚の移植成績

Transter result of Japanese black cattle embryos supplied to field
実施期間:1993 - 1993
研究概要:
当場では、牛受精卵移植技術への野外普及定着化を図るため昭和63年度より肉用牛(黒毛和種)からの受精卵の採取を開始し、平成2年度までの採卵成績は3か年間の平均で有効胚(移植可能胚)が1,060個採取され、1頭当たりでは9.8個採取された。これら採取された受精卵が県下764頭の雌牛に移植されその結果、406頭が受胎(受胎率53.1%)し、1頭の供胚牛が平均3.7頭の受胚牛に受胎をもたらしたことになり、本技術あ改良増殖への有効性が強く示唆された。
キーワード (6件):
はい ,  肉牛 ,  受精卵 ,  移植【動物】 ,  増殖 ,  はい移植
研究制度: 経常研究

前のページに戻る