研課題
J-GLOBAL ID:200904036964416277  研究課題コード:9800033990 更新日:1997年10月31日

爆風伝搬の数値シミュレーションへの解適合格子法の応用

Study on application of solving compatible grating method to numerical simulation of the blast propagation
実施期間:1993 - 1994
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
衝撃波のような不連続な現象を精度よく捉えるため,流れ場の状態に応じて格子の配置を動的に変化させる解適合格子法について研究している。平成5年度は本法を利用して地形を考慮した2次元の爆風伝搬の数値計算を行い,従来より効率よく解像度の高い解を得た
キーワード (6件):
爆風 ,  波動伝搬 ,  衝撃波 ,  流れ場 ,  計算機シミュレーション ,  分解能
研究制度: 経常研究
研究所管省庁:
文部科学省

前のページに戻る