研課題
J-GLOBAL ID:200904038628886594  研究課題コード:0350010831 更新日:2003年12月15日

「広島牛」における遺伝子型を活用した育種手法の確立

Establishment of breading procedure that makes active use of genotype in "Hiroshima cattle"
実施期間:2001 - 2005
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (2件):
研究概要:
遺伝子情報を活用した和牛の育種改良を実現するため,広島県の和牛について優良形質遺伝子領域を検索する。又,得られた情報を種雄牛造成へ試験的に応用し,新たな育種手法としての検討を行う。
研究予算: 2002年度: 1,580(千円)

前のページに戻る