研課題
J-GLOBAL ID:200904039379302311  研究課題コード:9850000091 更新日:2003年05月14日

構造材料の長寿命化に関する研究

Study for elongation of life of structural materials
実施期間:1997 - 2000
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
構造体としての使用状態を想定し、耐熱鋼及び耐食鋼の長寿命化を図る。 (1) 高Crフェライト系耐熱鋼(Cr:9〜12%)について、 微細組織の高温長時間安定化により、650°C級超々臨界圧発電プラント での長時間使用を目標とした高温長時間強度特性及び耐酸化性の向上を図る。 (2) 海洋環境で使用される構造材料の長寿命化を図るため、被覆技術 の開発を行うとともにに、各種材料の海洋とその模擬環境での腐食試験 を行い、耐海水ステンレス鋼開発のための指針を得る。 また、海浜環境での錆の安定化機構を解明し、低合金鋼の開発指針を得る。 (k2001.10)
キーワード (11件):
耐熱鋼 ,  耐食鋼 ,  クリープ ,  腐食 ,  継手 ,  溶射 ,  耐酸化性 ,  発電 原子間力顕微鏡 ,  マルテンサイト ,  ケルビン顕微鏡 ,  ステンレス鋼
プロジェクト名: 新世紀構造材料(超鉄鋼材料)の研究の推進
プロジェクト実施機関 (1件):
  • 金属材料技術研究所
プロジェクト代表研究者 (1件):
  • 佐藤 彰
研究制度: 特別研究
研究所管省庁:
文部科学省
研究所管機関:
国立研究開発法人物質・材料研究機構
研究予算: 1999年度: 794,513(千円)

前のページに戻る