研課題
J-GLOBAL ID:200904039952778393  研究課題コード:9800025672 更新日:2004年03月31日

熱帯林の変動とその影響等に関する観測研究 (地球科学技術特定調査研究) (4)研究検討委員会の開催

実施期間:1990 - 1999
研究概要:
1) 研究目標 熱帯林の減少は、焼畑耕作、伐採、薪炭材の採取、大規模な農業・鉱業開発、 過放牧等が原因となっている。これらの人為的な原因により森林破壊が進行し、このため、 洪水などの自然災害の被害の増大、表土流出による土壌環境の悪化が進行している。 さらには、これらの環境の破壊により野生動植物の減少等の生態系の破壊が深刻化している。 また、熱帯林は森林による二酸化炭素の吸収・放出、熱・水収支に重要な役割を果たしており、 地球温暖化や気候変動などの地球的規模の環境変動に影響を及ぼしていると考えられている。 しかし、熱帯林の減少に伴うこれらの変動機構の解明はいまだ十分にはなされておらず、 植林等の熱帯林の保全・再生技術を効果的に活用するための熱帯地域に関する科学的な データ及び知見も不十分である。このため、植生・気候・土壌・水文等の総合的な研究を必要 としており、現在進行している森林破壊が地球的規模の環境に及ぼす影響を長期にわたる 観測により明らかにする
研究制度: 地球科学技術特定調査研究
研究所管省庁:
文部科学省
研究予算: 1996年度: 1,380(千円)

前のページに戻る