研課題
J-GLOBAL ID:200904040033772077  研究課題コード:6000000850 更新日:2007年05月16日

電磁力による高エンタルピー流れの制御に関する研究

実施期間:0 - 0
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (6件):
研究分野 (1件): その他
研究概要:
惑星大気に再突入する宇宙機にとって空力加熱の低減は鍵となる技術である.この研究では,空力加熱の低減のため,電磁力とプラズマとの干渉を利用することが可能であることを実証することを目的とする.また,この技術により,再突入機周りの流れの制御が可能であり,これを利用した宇宙機の飛行制御が可能とされている.この実証のため,高エンタルピー流れの中に置かれたモデル前方の衝撃層の解析を行っている.そのため,温度場を分光学的手法により計測し,磁場の効果を把握した.その結果,モデル前部に配置された磁場の効果により,衝撃波の位置がさらに前方に移動する効果を見いだしている.また,実験と併行して,数値解析を行い,地球低軌道からの再突入飛行体についてその効果を確認した.その際,ホーム効果など,物理モデルの精密化を行っている.
研究制度: -

前のページに戻る