研課題
J-GLOBAL ID:200904040105920793  研究課題コード:9800031843 更新日:2007年11月26日

マクロシードペレットによる中山間草地の生産性向上と維持管理技術の確立

Grassland management by Macro-seed-pellet for grazingland and sloped land
実施期間:1995 - 1997
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (2件):
研究分野 (1件): その他
研究概要:
国際化に対応した肉用牛の低コスト生産を図るために,中山間地域,特に出羽丘陵の重粘土壌地帯において粗飼料を安定的に確保できるようマクロシードペレットを利用した草地の不耕起簡易更新による草生回復技術を確立する。また,省力かつ安定的に牧草生産量を確保するため,緩効性肥料の肥効と省力管理技術を検討する
キーワード (7件):
牧草地 ,  肉牛 ,  ペレット ,  緩効性肥料 ,  不耕起栽培 ,  土壌管理 ,  粗飼料
研究制度: 経常研究
研究予算: 1997年度: 1,170(千円)

前のページに戻る