研課題
J-GLOBAL ID:200904040244399240  研究課題コード:0250004530 更新日:2009年12月21日

生体内卵胞卵子を用いた胚生産技術の開発

Development of embryo production technique by using in vivo ovarian follicle ovum
実施期間:1998 - 2011
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (3件):
研究分野 (1件): 畜産学・草地学
研究概要:
胚を多量確保するための新しい手法として,経膣採卵技術の実用性について検討。
キーワード (17件):
受精卵移植技術 ,  不良牛 ,  老齢牛 ,  採卵技術 ,  種雄牛 ,  精液 ,  有効利用 ,  顕微受精技術 ,  過排卵処理 ,  人工授精 ,  受精卵生産システム ,  顕微受精卵 ,  活性化方法 ,  牛卵子 ,  精子注入方法 ,  生体内卵胞卵子 ,  採取方法
プロジェクト実施機関 (1件):
  • E193000000
研究制度: 経常研究

前のページに戻る