研課題
J-GLOBAL ID:200904040384996729  研究課題コード:9800029850 更新日:1996年03月22日

遷音速での舵面非定常空気力における数値解析の検証

Validation of numerical analysis of unsteady aerodynamic force to rudder surface under transonic condition
実施期間:1994 - 1994
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (5件):
研究概要:
舵面を有する弾性翼模型を製作し、遷音速風洞試験を実施する。同時に、双方が所有する非定常空気力数値解析プログラムによって舵面駆動の非定常空気力を計算して試験結果と比較し、プログラムに必要な改良を加える。模型をドイツに送り、ドイツが開発した光学的弾性変形測定装置を装備し、振動試験、低速風洞試験を実施して機能の確認を行う
キーワード (10件):
遷音速流 ,  舵 ,  空気力学 ,  数値計算 ,  風洞試験 ,  遷音速風洞 ,  非定常流 ,  振動試験 ,  翼形 ,  航空機
研究制度: 科学技術振興調整費による個別重要国際共同研究
研究所管省庁:
文部科学省
研究所管機関:
Japan Aerospace Exploration Agency
研究予算: 1994年度: 4,834(千円)

前のページに戻る