研課題
J-GLOBAL ID:200904040997211210  研究課題コード:0150003670 更新日:2009年10月16日

化学肥料節減技術の開発(土壌蓄積養分の評価と有効利用技術の開発)(1)水田におけるケイ酸施用基準値の策定(2)水田におけるリン酸施用基準値の策定

Development of cutting down of chemical fertilizer (Evaluation of nutriment accumulated in soil and development of effective use technique of such nutriment): (1) Decision of standard amount of silicic acid applied to paddy field (2) Decision of standard amount of phosphoric acid applied to paddy field
実施期間:1999 - 2002
研究分野 (1件): その他
研究概要:
土壌中のりん酸,ケイ酸の実体解明と評価・活用を図り資材の適正使用法の確立を目指す。稲のケイ酸栄養解明のための新分析法の開発をとおして,ケイ酸資材施用基準の策定を行う。土壌と稲のリン酸含量の関係解明・蓄積リン酸の有効化過程・土壌リン酸水準の決定・還元資材での有効化などにより地域ごとの資材の効率的な施用法の確立を目指す。
キーワード (4件):
化学肥料 ,  ケイ酸 ,  リン酸 ,  節減
研究制度: 経常研究

前のページに戻る