研課題
J-GLOBAL ID:200904041318761270  研究課題コード:1310 更新日:2013年10月07日

脳の初期発生制御遺伝子群の体系的収集と機能解析

実施期間:1998 - 2003
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
脊椎動物の脳の初期発生の分子機構を明らかにするために、アフリカツメガエルをモデル生物として、予定脳領域に発現する制御遺伝子の同定と、外胚葉の神経化とパターン形成におけるそれらの遺伝子の役割の解析を試みた。その結果見出された遺伝子の中の1つとして核内膜蛋白質のXMAN1 がある。機能解析の結果、XMAN1はBMP伝達因子Smad1、Smad5、Smad8 に結合し、BMP シグナルを弱めることで前方神経外胚葉の形成に関与することが示された。
研究制度: 戦略的創造研究推進事業(チーム型研究)
研究所管省庁:
文部科学省
研究所管機関:
独立行政法人科学技術振興機構
研究予算: 0(千円)
報告書等 (6件):
もっと見る
上位研究課題 (1件):

前のページに戻る