研課題
J-GLOBAL ID:200904041779000491  研究課題コード:6000001623 更新日:2007年12月21日

汎用繊維のFRPへの適用に関する研究

Research on application of general-purpose fiber to FRP
実施期間:2003 - 2004
研究分野 (1件): 高分子・繊維材料
研究概要:
汎用繊維のFRPへの適用を目的とし、大気圧プラズマで表面処理したポリエステル繊維を用いてFRP試験片を作製し、ガラス繊維強化プラスチックとの比較を、衝撃試験、曲げ試験、高速度カメラでの観察により検討した。 (1)大気圧プラズマ処理したポリエステル繊維は、加熱延伸効果による引張強度の上昇と、表面クリーニング効果によるマトリックス樹脂との密着性向上を図ることができた。 (2)少量の酸素をArに添加した大気圧プラズマには、反応基生成作用があり、作製したFRPは、マトリックスのポリエステル樹脂との密着性が向上し、未処理繊維の場合よりも曲げ特性で30%、衝撃値で60%も向上することがわかった。 (3)GFRPとの比較では、曲げ特性、衝撃試験値の双方とも汎用繊維FRPに優位性が認められた。
プロジェクト代表研究者 (1件):
  • 高尾清利
研究制度: 特別研究

前のページに戻る