研課題
J-GLOBAL ID:200904041842024720  研究課題コード:0450024240 更新日:2004年09月17日

病院・施設利用者及び在宅要介護者の転倒、徘徊等における安全確保を支援する機器、システムの開発研究

Development research on instruments and systems to help preventing falling and prowling and to ensure safety of the elderly staying at hospitals or other facilities or receiving nursing care at home
実施期間:2004 - 2005
研究概要:
病院、施設では、ベッドからの離床、トイレの使用、ベッドからトイレ等への移動において、転倒の危険があり、また、俳徊することによる離院の危険など、施設内における利用者の安全に対する課題が数多くある。一方、同様の課題は在宅介護においても存在し、在宅介護の増加とともに増えることが予想される。本研究では、はじめに転倒、俳徊等のおそれのある施設利用者の特性を調べ、前年度までに開発を進めたシステム(タグによる検知システム等)を生かしながら危険を防止する方策を個々に検討する。その際、解決されていない課題に対応するため、既存のシステムの組み合わせや新たな機器、システムの開発を行う。さらに、それらをまとめて、安全を確保するための機器・システムと利用者の適合の事例集作成を目標とする。また、これらの情報を在宅での介護に生かすため、施設介護と在宅介護の差異についても調査により明らかにする。
プロジェクト実施機関 (1件):
  • (E369000000)
研究制度: 受託研究
研究予算: 2004年度: 1,037(千円)

前のページに戻る