研課題
J-GLOBAL ID:200904042266870420  研究課題コード:9800048094 更新日:2004年03月31日

極限環境下におけるマイクロトライボロジーに関する基盤的研究 2.極限環境下のマイクロトライボロジープロセス制御と応用に関する研究 (6)モータータンパク質の滑り運動摩擦に関する研究

Basic study on microtribology in severe condition 2) Study on microtribology process control and it's application in severe condition (6)Study on sliding motion friction of motor protein
実施期間:1996 - 2000
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
1) 研究目標 極高真空、超高密度、超清浄、微小重力等の極限環境下において駆動を余儀なくされる機器の研究開発では、トライボロジー(総合潤滑技術、摩擦学)が、その駆動を保証するキー・テクノロジーとなるが、このような極限環境下では摩擦表面で原子・分子レベルの相互作用が顕在化してくるため、従来の機械的摩耗などを対象とした汎用のトライボロジーあるいはその延長技術では対応が困難となるため、全く異なった視点からその研究開発を支える基盤的技術の開発が必要となる。そこで、極限環境下における新たな潤滑・耐摩耗設計指針の確立を目指し、極限環境で顕在化してくる原子・分子レベルでの表面現象の解明と潤滑・摺動材料・設計法等に関する研究の推進方策を策定するために、研究の現状と問題点、及びその方向性について研究を行う。 2) 研究計画 (1(2)極限環境下のマイクロトライボロジープロセス制御と応用に関する研究。(3)マイクロトライボロジーの周辺技術と中核技術の高度化
研究制度: 科学技術振興調整費による総合研究
研究所管省庁:
文部科学省
研究予算: 1997年度: 15,201(千円)

前のページに戻る