研課題
J-GLOBAL ID:200904042362980171  研究課題コード:9800007074 更新日:1996年01月05日

準延性領域における断層の構成則の確立

Establishment of fault constitutive properties in the semiductile regime
実施期間:1989 - 1994
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (2件):
研究概要:
巨大地震が発生し,岩石の強度が最大となるのは,破壊の卓越する脆性領域と高温塑性流動の卓越する延性領域の間に存在する準延性領域である。この領域における断層の構成則を実験的に決定し,地震の発生を含むプレート境界の挙動をシミュレーションするための力学的基礎を確立する
キーワード (8件):
断層 ,  大地震 ,  岩石物性 ,  脆性 ,  延性 ,  プレート運動 ,  シミュレーション ,  塑性流動
研究制度: 経常研究
研究予算: 1994年度: 1,000(千円)

前のページに戻る