研課題
J-GLOBAL ID:200904042400560203  研究課題コード:9800013708 更新日:1993年11月05日

有機塩素系環境汚染物質による遺伝子障害ならびにそれらに関連した生体影響とその栄養条件による制御に関する研究

Studies on the genetic disorders and the related biologicalinfluences by environmental pollutants of organochlorine, and the control by their alimentary conditions
実施期間:1990 - 1992
研究概要:
各種有機塩素系環境汚染物質を実験動物に投与し、その体細胞についてDNAと染色体の変化を観察して遺伝子障害を明らかにする。この中から障害の発見が著しい物質を用いて遺伝子障害と次世代影響、遺伝子障害モデル動物への影響、遺伝子障害の修復に対する栄養条件の関与を明らかにする
キーワード (10件):
環境汚染 ,  汚染物質 ,  有機塩素化合物 ,  遺伝的影響 ,  生体刺激 ,  実験動物 ,  体細胞 ,  DNA【核酸】 ,  染色体 ,  栄養状態
研究制度: 国立機関公害防止等試験研究費
研究所管省庁:
厚生労働省
研究予算: 1992年度: 9,831(千円)

前のページに戻る