研課題
J-GLOBAL ID:200904042501220667  研究課題コード:0150002378 更新日:2001年03月16日

AHS(走行支援道路システム)による環境負荷低減効果に関する研究

Study on assessing the environmental load reduction effect by AHS (Advanced Cruise-Assist Highway System)
実施期間:1999 - 2000
研究概要:
都市部を中心として交通渋滞が拡大しており、それによる経済損失が12兆円と試算されて、安全性や輸送効率において大きな問題が生じている。また、沿道環境の悪化、地球環境との不調和、等の問題が顕在化し、これら道路交通問題の解決が強く求められている。AHS(走行支援道路システム)は、安全性および輸送効率の向上を図るとともに、道路環境の質的向上が見込まれるシステムである。本研究では、AHS機能導入による渋滞削減および交通流の安定等による環境負荷低減(CO2の削減等)効果について、交通流シミュレータを用いて分析検討した。
研究制度: 経常研究
研究所管省庁:
国土交通省
研究所管機関:
国立研究開発法人土木研究所

前のページに戻る