研課題
J-GLOBAL ID:200904043428606302  研究課題コード:0150002532 更新日:2001年03月16日

施工段階のコスト構造モデルと現場間接費等低減の評価手法の開発に関する研究

Study on development of assessment method for cost-structure model in execution stage and reduction of field overhead and the like
実施期間:1998 - 2000
研究概要:
公共事業に対する社会的な要請の多様化から、建設活動が地球環境や生活環境に与える影響を考慮した総合的な建設事業コストの低減が求められている。これを踏まえ、建設省では総合技術開発プロジェクト「外部コストを組み入れた建設事業コストの低減技術の開発」に取り組んでいる。本研究は、この一環として総合的な建設事業コストの評価に必要な現段階での建設コスト(内部コスト)を把握し、その間接費等の低減技術の評価について検討を行うものである。11年度は、建設コストのなかで特に大きなウエイトを占める施工段階のコスト構造について明確にするとともに、そのうちの現場間接費など諸経費における外部コストの内部化状況について調査・整理を行った。
研究制度: 経常研究
研究所管省庁:
国土交通省
研究所管機関:
国立研究開発法人土木研究所

前のページに戻る